だてまき雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 地元人お勧めの店に行こう(台湾旅行2日目)

<<   作成日時 : 2009/02/06 22:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 迪化街で購入したお土産をホテルに置いてから再びお出かけです。
 初日にリムジンバス内で地元の方に教えてもらった阿國切仔麺へ行きます。
 時間は18:00過ぎだというのに店はお客さんでいっぱい。


画像


 「你好〜」とお店に入ったものの、どうやってオーダーするのかしら?
 するとお店の人が伝票をくれました。
 どうやら自分達で伝票に記入する方式らしい。
 じゃあ私はお店の名前にもなっている切仔麺 小(30元)にしよ。
 彼は魚丸麺(60元)をオーダー。
 お店の人に伝票を渡して席に着きます。
 
画像





 後から地元台湾の学生さんがやってきて相席となりました。
 やっぱり人気店なんだね。
 店の様子を眺めていたらなんとなく違和感に気づきました。
みんな手元に伝票があるの。
 わたし達お店の人に渡しちゃったよね?
 
 観察の結果、注文の仕方は以下のとおり。
 @お店の入り口で伝票をもらう
 A席について伝票に自分たちで記入
 B複写になっている伝票の一枚を店員に渡す
 C注文の品が全て揃ったら伝票を裏返す
 
 ウエイトレスの女の子(かわいい子でした)もちょっと困った様子。
 ごめんね。どうしたらいいの??
 そうこうするうちに、わたし達より後に来た相席の人達のご飯がきました。
 青菜炒めおいしそう。
 すると日本語で「これはあなたのツァイ(菜)ですか?」と聞いてきました。
 リムジンバスの若者といい、日本語が話せる人の多さにびっくりです。
 
 ようやくわたし達のご飯がきました。

 切仔麺。
 あっさりしたスープのラーメンみたいなかんじ。
 麺は柔らかめです。


  
画像



 魚丸麺。
 魚のお団子が入っている切仔麺といったところ。
 魚丸はかなり弾力があります。



画像



 あっさりしたスープは私好み。
 麺が柔らかすぎたのが残念です。
 でも台湾ではこのくらいが普通の茹で加減なのかも。

 お腹が満たされたところで、再び買出しに出かけます。
 台湾といえばお茶が有名。
 日本語が通じるお茶屋さん新純香に行きました。
 気になるお茶を好きなだけ試飲させてくれます。
 お茶請けも全種類試食可。
 ここにくる時はお腹を空かせておいた方がいいかも。
 色々迷った末に、文山包種茶、四季春をお買い上げ。
 お茶請けでとっても美味しかった舞茸チップス、凍頂烏龍茶梅もお買い上げ。
 舞茸チップスは食べ始めたら止まりません!
 あと優れものペットボトルも。
 茶漉しがついたペットボトルです。
 これ、特許取るの大変だったみたいですよ。
 お隣の中国がすぐにコピーを作っちゃうから。
 夏は文山包種茶を水出しするのがお勧めだとか。
 茶葉の分量も丁寧に教えてくれました。

 たくさん買ったつもりだったけれど、もっと買っておけば良かった。
 GW台湾に行ったら山盛り仕入れてこようと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地元人お勧めの店に行こう(台湾旅行2日目) だてまき雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる