だてまき雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS Road to Canelli 〜カネッリへの道〜(イタリア旅行6日目)

<<   作成日時 : 2008/05/16 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 これから再びイタリアに行きます。
 地中海とはこれでさよなら。
 アルプスの麓にあるピエモンテ州に向います。
 当初、フランスから一般道での国境越えを考えていました。
 が、前も見えないくらいの土砂降りで無理無理。絶対無理。
 と私が大反対。
 一番確実なのはニースから高速A10に乗ってSavonaで降り、CevaからA6に乗るルートだと
思うんだけれど、彼はどうしても田舎の山道を走ってみたいらしい。
 お互い妥協してA10ニース→Albengaで降りてなんとなく地方の幹線道路っぽいSP583、SS28を
くねくね上って山越え→CevaからA6に乗り目的地ケラスコへ行くことにしました。
 私はナビを仰せつかりました。
 地図の読めない女に任せていいの??
 とにかく無事に山を越えましょう!おー!!
 

 一般道に入ってから雨足はいっそう強く、車はほとんど見かけない。
 イタリア山中で遭難は嫌よ。
 たまに遭遇する土建のダンプがうれしい。
 プジョ子一人じゃないんだね。

 山越えに必死すぎて写真が一枚もないんですが、なんとか目的地ケラスコに到着。
 ここも大雨です。
 メインの通りにはいくつかチョコレート屋さんがあります。
 有名なPASTICCERIA BARBEROは休憩中みたい。
 ということでCIOCCOLATERIA RAVERAに入ってみることにしました。 
 

画像


 お店の中はチョコレートの香りでいっぱい。
 オーナーらしき男性から「日本人?」と聞かれる。
 なんでわかるの??
 こんな大雨の中、ケラスコまで買いに来るアジア人は日本人くらいなのかしら?
 続けてこんなびっくり発言。
 「伊勢丹にもうちのチョコレートがあるよ。」
 うそ!!!
 すごいよ。日本人バイヤー。
 帰国して新宿伊勢丹に行ってみたのですが見つけられなかったので
違う伊勢丹か、イタリア物産展にでも出品していたのかな。
 
 
 Baci di Cherascoを買うって決めていたんだけれど、他にもいっぱいチョコレートがあって
目移りしちゃう。
 お店の方が試食させてくれました。
 なんと、唐辛子入りチョコレート。
 でも日本にも柿の種チョコレートがあるくらいだから珍しくない取り合わせなのかな。
 お味は結構いけました。
 でも今回はBaci di Cherascoをいただきますね。
 ヘーゼルナッツ入りのダークチョコレートで美味しい。
 やばい。食べ過ぎちゃう。

 

 CIOCCOLATERIA RAVERAを出るとPASTICCERIA BARBEROも開いていました。
 せっかくだからここも入ってみましょう。
 
画像


 元祖Baci di Cherascoのお店だけあって重厚な店構え。
 店内にも古い天秤がおいてあったりしてね。
 ここでも無事Baci di Cherascoをお買い上げ。
 食べ比べしないと。


 今日からアグリツーリズモに3連泊します。
 2006年に行ったトスカーナのアグリツーリズモがとっても良かったので、今回も期待しちゃいます。
 お世話になるのはAgriturist Rupestr
 車で行くけれど道がよくわからないよとメールを送ると地図付きで教えてくれました。
 親切。
 
 ようやく雨も上がって日が暮れる前になんとかカネッリのAgriturist Rupestr に到着。
 でも入り口がわからないな。
 行ったり来たりして私たち明らかに不審人物。
 しょうがないからダイニングでお茶しているカップルにレセプションの場所を聞きます。
 すると「ここよ」という返事。
 え。ここご飯食べるとこでしょ?
 
 しばらくするとオーナーのGiorgio Cirio氏登場。
 これから3日間よろしくね。
 早速お部屋に案内してもらいます。
 

画像


 部屋からの景色は見渡す限りの葡萄畑。
 私たちの部屋はテラス付です。
 それにしても寒い。
 数日前まで水着を持って来なかったことを悔しがっていたのに。
 この気温差は何?
 
画像


 あまりの寒さにストールを羽織ってダイニングへ。
 それでも歯の根が合わないくらい寒いよ〜。
 ジョルジョが暖炉に火を入れてくれました。
 暖炉!素敵!暖かい!
 しかも既にテーブルセッティングしてあったのに、暖炉の真ん前にテーブルを持ってきてくれました。
 優しい〜。

 あとは体の中から暖めるだけよ。
 ワイン下さーい。

画像


 
画像


 生ハム盛り合わせ。 
 美味しいよぅ。


画像


 山羊のチーズ モスタルダ添え。
 もともと同じチーズなんだけれど左から時計回りに熟成が進んだ物です。
 モスタルダ(手間のかかったブドウジャム?)と相性が良くて大好き。
 私は熟成が進んだ右の方のチーズが好きです。
 

画像


 アニョロッティ。
 これ大好き!
 家でも作れないかな。餃子のように。

画像

 
 山盛りの前菜、プリモでセコンドをいただく前にすでにお腹いっぱい。
 美味しそうなんだけれどちょっとにしてね。

画像


 デザートはフルーツケーキ。
 お腹いっぱいで仰向けで眠れません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Road to Canelli 〜カネッリへの道〜(イタリア旅行6日目) だてまき雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる