だてまき雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 中世の城塞とローマ人の家(イタリア旅行5日目)

<<   作成日時 : 2010/09/13 22:48   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 アルボルノツィアーナ城塞へやってきました。
 博物館とセットの入場券7.5ユーロ/人を購入。
 一日券をお勧めされましたが、午後は移動する予定だし、お断りしました。

 
画像


 14世紀に造られたこの城塞は2つの中庭があって、こちらはWard of Honour。 
 生活の場だったようで、素敵な井戸もありました。
 もう一方の中庭はWard of Arms。
 軍事活動用だったようです。
 城塞だもんね。


画像



 なぜか、テントが設置されています。
 展示用みたいなんだけれど、雰囲気壊していますよね。
 やめておけばいいのに…。

画像


 2階の回廊。
 色々な紋章が描かれています。



画像


 こういうの。
 理解できると楽しいんだろうな。
 
画像



 各部屋には時代毎の資料が展示されています。
 部屋の壁や天井にも、紋章や絵が描いてあっておしゃれ。
 短期間ながらルクレツィア・ボルジアがこの城塞に滞在していたそうです。
 
  
画像





 城塞からは昨日行った塔の橋がみえます。
 やっぱり、造った人すごい。





画像




 あまりの暑さに、一度ホテルへも戻ります。
 シャワーを浴びてすっきり。
 11時半をまわったので、チェックアウトしてしまうことにします。
 
 

 荷物を車に積んだ後、カーサ・ロマーナにやってきました。
 地球の歩き方には載っていないので、開館時間がよくわからなかったのだけれど、
小さな入り口の看板に手書きの案内が貼り付けてありました。
 月曜日〜木曜日:11:00〜18:00
 金曜日〜日曜日:10:30〜19:00
 
 この家はローマ皇帝ウェスパシアヌスのお母さんの生家だそうです。

画像



 この部屋はアトリウム。
 部屋の中央にある水盤は雨水をためておくものです。
 光を放っている水槽は、なんだかよくわかりません。
 現代アートとローマ時代の遺構のコラボ?
 アルボルノツィアーナ城塞でも思ったけれど、やめておけばいいのに…。
 
 
  

画像



 アトリウムを取り囲むようにして7つの部屋がありました。
 ここと次の写真の部屋はベッドルーム。
 各部屋の床は、それぞれ違ったデザインのモザイク。
 ローマ人、おしゃれ。
 

画像


画像


 壁にはフレスコ画が残っています。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中世の城塞とローマ人の家(イタリア旅行5日目) だてまき雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる